PILL BOX

ナビゲーション

オニオングラタンスープ

オニオングラタンスープ

2011年の発売からのロングセラーになっているフリーズドライ食品の「オニオングラタンスープ」は、現在の味にたどり着くまでに、何度もバージョンアップをくりかえしました。本物のオニオングラタンスープの味を求めて奮闘した、商品づくりの裏側をご紹介します。

みんなが大好きな
オニオングラタンスープを
自宅で手軽に

このオニオングラタンスープが生まれたきっかけはひとつのアイデアからでした。
当時から健康食品などでお付き合いのあった、会員制大型スーパーの『コストコ』さんで、なにかよい食品を発売したいと考えていたピルボックスジャパン社長:栖原がふと思いついたこと。
「レストランの本格的な味のオニオングラタンスープが、自宅で手軽に食べたい」

外で食べるとそれなりに高いし、家でちゃんとつくろうと思うと玉ねぎを炒めるだけで1時間くらいかかってしまう…でも、誰もが好きな味。それがオニオングラタンスープです。
手軽にできて、そしてお手頃な価格で提供できるような、本格的な味のオニオングラタンスープをつくれないか。そこから試行錯誤が始まりました。

3つのポイント

ピルボックスのオニオングラタンスープには、2011年の発売時から今も変わらないことが3つあります。

それは、

ポイントポイント

スープづくりスープづくり

ピルボックスのオニオングラタンスープは、なんといっても「深いコク」が売りです。このコクをつくっているのが、炒めタマネギと揚げタマネギのダブルオニオンです。
通常、オニオングラタンスープをつくるときは、炒めタマネギだけを使うことが一般的です。しかし、揚げたタマネギを入れることで、食感が増し、さらに玉ねぎの風味やコクがぐっと増すのです。
ピルボックスのオニオングラタンスープは、フリーズドライ製法。
だから、実際に本物の玉ねぎを炒め、揚げ、それらを大きなお鍋で混ぜてコンソメやスパイスを加えて味付けをすることでスープをつくっています。そのスープを、何日かかけて冷却しながら乾燥させることで、しっかりと風味を閉じ込めています。

パンづくりパンづくり

スープの素に、フランスパンが乗っているのがピルボックスのオニオングラタンスープの大きな特徴です。
このパンもフリーズドライなので、実際にフランスパンをつくって、それを切って、チーズを浸すことでつくられています。
ちなみに、このパンをスープの素とセットにする作業は機械ではまかなえず、すべて人の手で行われています。

ロイヤルブルーのパッケージをロイヤルブルーのパッケージを

食品には、暖色系や黒のカラーが使われることが多い中で、このロイヤルブルーを使ったことが、オニオングラタンスープのリッチなイメージとマッチして、今やこのカラーがピルボックスのオニオングラタンスープの顔になりました。

終わらない「本物の味」の追求終わらない「本物の味」の追求

この3つのポイントは残しながら、オニオングラタンスープは繰り返しレシピのバージョンアップをしています。

なによりも大事にしてきたのは、やはり「本物らしさ」。

「スープの本物感」を出すためには、炒めタマネギを増量してきました。
実際にタマネギの量を増やすことで、タマネギの風味をアップさせました。揚げタマネギとのバランスによって味も変わるので、この黄金バランスも常に考えています。

フランスパンにつけるチーズにも改良を加えています。
最初に選んだチーズは、「スイスの女王様」と呼ばれるグリュイエールチーズ。クリーミーでコクのあるチーズです。
しかし、もっと「チーズらしさ」を出したい。そこで、チーズフォンデュにも使われるチーズとしても有名なエメンタールチーズを加えることにしました。
種類を増やし、さらにチーズ量自体も10%増やすことで、チーズの本物感がアップしました。

本格的な
オニオングラタンスープを
自宅で手軽に食べたい

言葉にすると一言でいえるアイデアですが、これを実現するのは簡単ではありませんでした。
フリーズドライでつくったスープを「本物のオニオングラタンスープ」に少しでも近づけられるように…私たちの味の追求は、これからも続いていきます。

商品ページはこちら
TOPへ